アカプルコ
アカプルコアカプルコアカプルコまじり
アカプルコまじりアカプルコまじり
6月末に我が家の山百合のフィナーレをアップした。アカプルコの花も交じっていたが、もともとあった白い山百合の姿を主に載せた。ところが、山百合とアカプルコの開花のタイミングが少しずれていて、7月になってアカプルコの巻き返しが始まった。山百合の群生している場所に仲間入りさせた時にはたったの1本。どういう影響か分からないが、全部で16本生えた今年の百合の中でアカプルコの影響を受けた百合が複数登場した。アカプルコそのものが2本。山百合がほんのりピンク色の染まった仲間が2本。合計4本がピンク色の花を咲かせた。何故、毎年咲く山百合までがアカプルコの影響を受けたのかはよく分からない。
7月になって元気に咲いている百合は1本の茎に6つか7つの蕾が付いている。1本についている花が開花する時間差があまりないから、1本に6,7個の花が一斉に咲くと実に賑やかで、迫力がある。
そろそろすべての花が散る。来年はどんな展開になるのだろう。