やっちゃんの珈琲たいむ

箱根山の紅葉
久しぶりに西伊豆へ出かけた。その途中で必ず通る箱根新道。ちょっとソフトカラーだが紅葉の箱根山を撮った。関東の北側の山々と違い真っ赤になる植物が少ない箱根山。例年今一つという感じだが、今年は頑張ったほう。
ちょっと靄っているけれど、箱根らしい紅葉になっている。
手前の杉や檜のグリーンとまるで毛糸玉のような赤、橙、黄色の対比が素敵だ。

中華街市場通り
中華街朱雀門中華街媽祖廟最後はお茶

現役時代のOB4人で中華街に出かけた。僕はエリア外だが、残りの3人は元町、中華街が子供時代のフィールド。中学時代の先輩後輩でもある。
JR石川町駅で集合し、元町を通過し、中華街へ。中華街は朱雀門から航海安全の守護神が祀られた媽祖廟を通り、大好きな市場通りのお店で4種類のランチをオーダー。4種類の中華を4人でシェアーするというお決まりのテクニックで昼間からビールと紹興酒でおだをあげた。
最後の締めは元町の裏街にある何とも分かりにくいカフェへ。エレベーターがないビルで、狭い階段を4階まで上りつめた先にあり、美味しい珈琲を飲んだが、もし、火災がおきたらちょっと絶望的。



切山椒横須賀市諏訪神社酉の市酉の市で店みせ酉の市出みせ

毎年秋に開催されている中学のクラス会が開かれた。
参加するメンバーがだんだん固定化され、常連さんばかり。しかし、最近は参加者の数が減少していくのがちょっと寂しい。今回も開催日まじかになって、不都合で欠席した人が3人。腰痛や捻挫や家族の入院やらで若い時にはなかった理由が上がる。
クラス会はどうしても病気の話が花盛りになるが、今回は痴呆がテーマになってしまい、ますます現実味を帯びる羽目に。
それでも参加できる人は元気が良い。
たまたま酉の市と重なり、会場までの細い歩道は出店がぎっしり。懐かしい昔の匂いの中を暫し歩いた。
帰りがけに地元のお菓子やさんで売っていた「切山椒」を仲間がプレゼントしてくれた。
この店では酉の市の時にしか売り出さない縁起物。来年のクラス会が無事開けますように!

このページのトップヘ